妻の部屋にウォールシェルフを作成


PCの上に渡されたロングな棚板が今回のDIY作品。
以前作成したウォールシェルフの対面に作りました。


夏休みに自分の作業部屋を模様替えしたことで、妻から「良いなぁ…」というコメントがありまして。
彼女がより仕事しやすく、編み物しやすくなるような棚を作ることにしました。

前にある建築家のアトリエにお邪魔したとき、PCの上に棚が設けられているのを見て「良いなぁ」と言っていたのを思い出しながら、妻のご要望にお応えします。

必要なもの


【材料】
・ワンバイ材(棚板)
・棚受け金具(L字型)…8つ(1つ100円程度)
・水性ステイン(けやき)

【工具】
・電動ドリルドライバー
・ジグソー
・水準器(iPhoneのアプリを使用)
・毛糸とマスキングテープ
・刷毛
・紙ヤスリ(#400、#800)
・下地探しどこ太

棚板の加工

毎度のことなので写真は端折りますが、ワンバイ材を2枚購入し、壁のサイズピッタリに切断。
400番の紙ヤスリでごしごしした後、ステインで塗装します。
妻の部屋は「水性ステイン けやき」で統一されているので、そちらに準じます。

ウォールシェルフの取り付け場所の確認

代替こんな感じかなー、という場所を決めたら、マスキングテープと毛糸でマーキング。

棚板の取り付け

マーキングに沿って、「下地探しどこ太」で下地を探しつつ、棚受け金具をビスで固定。
1枚の棚板を2つの金具で支えるので、1つ金具を取り付けたら、板を上に載せつつ、水準器で水平見ながらもう一方の金具の取り付け位置を微調整します。
ネジは仮止めで一本ずつ。
こんな感じでまっすぐ取り付けられました。
 よさげなんでネジを本締めします。

完成。棚ができたことでいろいろ模様替えもできた様子。
とても喜んでもらえたので、作りがいがありました。
なかなか雰囲気でてきましたな。良い部屋だ!
ちなみに前はこんな感じでした。




お読みいただきありがとうございます。
下のボタンより応援いただけると励みになります!