虹の郷に、行ってきたぞっ

妻が見つけた静かにアツイ観光施設。
虹の郷は、静岡県伊豆修善寺にある観光施設。


イギリス村・カナダ村・日本庭園などからなる多国籍テーマパークで、
広大な敷地の中に、イギリスやカナダの街並みがちょろっとずつ再現されています。

入場料は大人1200円、子供は小学生以上600円。
観覧車とかジェットコースターがあるわけでもなく、施設としてはやや渋めですが…

イギリス村とカナダ村を繋ぐロムニー鉄道に乗ること以外、ほとんどの施設がタダで利用できるw
ぜんぜんお金を落とさせようとしない、とても紳士的な施設なのでした。

それはそれとして。
ぼくはこの虹の郷を、「海外の片田舎で特にやることなく1日中ぼーっとする感じ」を国内で味わえる、新しいタイプのテーマパークだと感じております。



虹の郷は「海外の片田舎で特にやることなく1日中ぼーっとする感じ」のテーマパーク


人も少なく、あるのはひたすら広大な敷地に点在する、庭園や異国風の街並み。
そしてしっかり蒸気機関で動くロムニー鉄道。

人が全く居なくて乗り物がウエスタンリバー鉄道しかないディズニーランドを
自然の中に縮小移設した感じといえばおわかり頂けますでしょうか。
園内をただぼーっと散歩したり、古い自動車に萌えたり、

芝生の上に寝っ転がったり、そんなゆったりとした時間を過ごすことができます。


もちろん、『インディアン砦』というジェットコースターみたいな滑り台やアスレチックがあるエリアがあったり、
陶芸や木工を体験できる『匠の村』があったり、遊びには事欠きません。
KJがもう少し大きくなれば、いろいろやれることも広がるだろうなと思いつつも、このぼーっとできる時間に虹の郷の魅力を知りました。

広い園内はなかなか半日ではまわりきれるものではなく。
ぼくらが歩いたのはほんの一部のイギリス村とカナダ村くらい。

唯一立ち寄ったのは、世界中の様々な万華鏡が展示されている、万華鏡ミュージアム。
(もちろん入館無料)
自分が万華鏡になれる激渋のアトラクションを発見。

…万華鏡というかトランプの絵札になった気分w


他にも土手すべり(無料)に興じ…



公園でブランコに乗ったり。
この「別にドコででもできるんじゃね?」という極めて日常的なことを、
異国情緒ある空間で、気兼ねなくつれづれに楽しむ。

小さな子どもが居る家庭には、けっこうありがたい施設だなと思いました。

『虹の郷』へのアクセス方法

東名沼津ICまたは新東名長泉沼津ICを降り、伊豆縦貫道・伊豆中央道経由、大仁IC出口。
上記ルートでだいたい東名出口から30~40分。下道を使うと1時間半くらいかかります。

電車の場合…伊豆箱根鉄道駿豆線の修善寺駅南口から東海バス(虹の郷行き3番線)約20分「虹の郷」下車。













お読みいただきありがとうございます。
下のボタンより応援いただけると励みになります!