ミラジーノL700カスタム・リアデフォッガーもトグルスイッチ化

ミラジーノL700カスタム・リアデフォッガーもトグルスイッチ化
ミラジーノ(L700s)のリアデフォッガースイッチを、純正の樹脂から木×アルミ×トグルスイッチに。

先日、フォグランプのスイッチをトグルスイッチ化したワタクシ。
こうなるとハンドル右側のスイッチ群もトグルスイッチに変えたくなるもの。
同じ要領でカンタンにできるだろと思って、カプラーを切断。
ところが…。
想定外だ。配線が三本あるじゃあないか。

一本はバッテリー、もう一本はリアデフォッガーへ、そしてもう一本はどうやらオンにしたときに光るインジケーターランプ用みたい。

相変わらず電気に疎いぼく。
何回か試せば上手くいくだろ、とカンで作業スタート。
バッテリーのマイナス端子を抜き、ちょん切った三本のケーブルのうち、緑と水色の2本に平型ギボシを使ってエーモンのトグルスイッチに繋ぎバッテリー端子を戻して電源オーン!

バチン。
シーン

ヒューズが飛んだ。ヒューズを交換して再挑戦。今度は黒と…

バチン。

また飛んだ!

そんなこんなを三度繰り返し、ダメだこりゃ。
いろいろ調べてみると、まずリアデフォッガーはかなりの電流が流れる模様で、用意していたエーモンのトグルスイッチ(最大8A)では役不足な模様。

ヒューズボックス見たら15Aって書いてありました

加えて、リアデフォッガーって車種によっては15分で自動的に切れたり、リレーが付いてたりするらしく。ミラジーノL700型がどうなのかはわかりませんが、もしかしたら純正スイッチ自体がただのスイッチではなく、回路とかあったりするブラックボックスなのではないかという気がしてきました。

こうなると最も安全な策は、純正スイッチはそのまま残し、常時オンにした純正スイッチとバッテリーの間に大容量のトグルスイッチを噛ませる、というプラン。

ミラジーノL700カスタム・リアデフォッガーをトグルスイッチ化するDIY

前置きはさておき。
リアデフォッガーは、純正スイッチをトグルスイッチに交換するのではなく、「大容量のトグルスイッチを、バッテリーと純正スイッチの間に割り込ませる」ことにします。

必要な材料1  ジェットイノウエ製トグルスイッチ(ON-OFF手イプ)

まず用意したのが、フォグランプ編の最後でも登場した、ジェットイノウエ製・トグルスイッチ(12V/最大40A)。
ジェットイノウエ? 初めて聞いたぞ。これ、デコトラとか用なんじゃね…? まあいいや。

必要な材料2 配線を長めに残した純正リアデフォッガースイッチ

マルクに付いてた純正スイッチは、カプラーの根元からチョッキンしてしまったので、 改めて長めに配線が付いてる純正スイッチをヤフオクで購入。
ギボシは自分で付けました
ぼくは失敗した埋め合わせに買いましたが、純正のスイッチは配線の長さにほとんど余裕がなく、引っ張り出してギボシを繋ぐのも一苦労のため、作業のしやすさを考えて購入した方が良いかもです。

必要な材料3 15Aが大丈夫な電気ケーブル(10cm程度) 

一部配線を延長するので、ホームセンターでビニール皮膜の電気ケーブルを買いました。

あとは、スイッチパネルも自作するので、アルミシートとベニヤとゴムシート(ゴムモール)も用意しました。


作業1.トグルスイッチに「RD」と書く

ハコスカにならって、トグルスイッチ自体に何のスイッチかを記載。
マスキングして、マッキーホワイトで「RD(リアデフォッガー)」と書きます。

下書きナシ、一発…。
実は隣でフォグランプのスイッチ「F」も同時に作業してました。

作業2.純正スイッチに平型ギボシを繋ぐ

純正スイッチのスイッチ側の配線三本に、平型ギボシのオスを取り付け。
加えて、10cmくらいの白い電気ケーブルの両端にオス・メスの平型ギボシを取り付けます。
これを、バッテリーと純正スイッチの間に噛ませます。
マルクはリアワイパーを取ってしまったので、ワイパースイッチが不要になったため、そこに純正のリアデフォッガースイッチを収め、隣にトグルスイッチを。
 
なので車体側の水色・黄緑・黒の三本の線にもギボシ(こちらはメス)を取り付け。
つなぎ方はこんな感じ。
  • 車体側の黄緑色の線→純正スイッチの黄緑の線へ
  • 車体側の黒色の線→純正スイッチの黒色の線へ
  • 車体側の水色の線→トグルスイッチへ
  • 純正スイッチの水色の線→白いケーブルで延長してトグルスイッチへ
おそらく一番太い水色の線がバッテリーから来ていそう、ということで、上記のようなつなぎ方をしました。当たっていれば、バッテリーと純正スイッチの間にトグルスイッチが割り込んだことになります。
純正スイッチの電源をオンにしてみました。
インジケーターは光りません。
水色の線がバッテリーとスイッチを繋ぐ線で正解なら、トグルスイッチをオンにすればインジケーターが光るはず…。

パチン。アタリです。無事にインジケーターランプが光りました。

これで、純正スイッチを常時オンにしておけば、トグルスイッチでONOFFの制御をすることができますな。

さて、電気系が一段落したところで、お楽しみのスイッチパネルを…。

作業3.トグルスイッチを取り付けるスイッチパネルを自作する

トグルスイッチを取り付けるスイッチパネルを自作します。
まずはスイッチを取り付ける場所の大きさを測り、ダイソーのアルミシートを切り出します。


ハサミでジョキジョキ。


それを一回り大きめのベニヤ(ステインで塗装)に貼り付け、四隅を虫ピンで装飾。


スイッチを取り付ける部分に、スイッチ径と同じ穴を開けます。
スイッチが付かない向かって右側も殺風景なので、袋ナットとエーモンのトグルスイッチの残骸(シルバーのリング部分)とM6のネジで装飾を。
 ちょうど純正スイッチの真上にくるため、M6のネジは頭が極薄のものを使用。
で、割り箸くらいの太さの角材でかさ上げし、このように、ON状態にした純正スイッチの上からかぶせる感じで固定します。固定は中央のネジ一本のみ。
あとは、スイッチパネルの周囲にゴムモールをぐるっと接着し、断面のアラを隠して完成。

ミラジーノのリアデフォッガーのトグルスイッチ化・完成

ミラジーノL700カスタム・リアデフォッガーもトグルスイッチ化02

インパネ周りがますますレトロになりました。
ミラジーノL700カスタム・リアデフォッガーもトグルスイッチ化03
リアデフォッガーってほとんど使わないんだけど、無駄にスイッチ入れたくなりますね。
今までと違ってインジケーターランプがなくなったので、つけっぱなしに気をつけよっと。

なにぶん今回は手探りなカスタムにつき、施工はくれぐれも自己責任でお願いしますm(_ _)m

(夫)

ほかにもいろいろいじってます。>> ミラジーノの内装カスタム一覧


マルクがぶろろバナー



















お読みいただきありがとうございます。
下のボタンより応援いただけると励みになります!