車載アンティークトランク(ミラジーノ用)のDIY


マルクこと、ミラジーノ(L700s)のトノカバーに車載するアンティークトランクを作成しました。

殺風景で散らかりやすいトノカバーに、ちょっとしたアクセントとして。
ウインドゥモールと相まって、いっそうレトロな雰囲気に。

KJ用の膝掛けや、車の中のちょっとした小物を入れています。

車載用アンティークトランクの材料

 今回は全てダイソーで調達。合計900円(税別)。
・400×9×150の板材 2枚
・400×9×90の板材 2枚
・400×12×150の板材 1枚

※400×12×150は400×9×90の在庫がなかったため代用品として。在庫があれば400×9×90を3枚でも可。
・レディースベルト 2本
・アンティーク調蝶番 1パック(6個入り・ネジ24本付)
・アンティーク調ロック金具 1パック(ネジ5本付)


板を必要な大きさに切って、

ボンドで仮止め。

虫ピンで固定。
これで箱ができました。
ステインとビンテージワックスで塗装。
続いて、蝶番とロック金具の取り付け。
キリで下穴を空け、付属のビスを1つずつ。。。
大きさもちょうどよし。

お次はこちら。婦人用ベルト。
を、箱の大きさに合わせてちょん切って…
ぐるっと巻き付け、ネジで固定。
完成。中にはKJの膝掛けを入れておこうかな。
リアシートの後ろに、良い感じのフィット感。
車外から。


先日、KJが好きなベンツ300SLの動画を一緒に見ているとき。
同じようにトノカバー部分にベルトを巻いた真っ赤なトランクを積んでいることに気がつきまして。


どうやらトランクルームの狭さをカバーするための純正品らしいのですが、格好いいなぁと思って、似たようなものを作ろうと思い至ったわけでございます。

かの名車にはとうてい及ばぬ手作り品ですが、リアビューにますます愛着が沸きました。



ほかにもいろいろいじってます。>> ミラジーノの内装カスタム一覧


マルクがぶろろバナー



お読みいただきありがとうございます。
下のボタンより応援いただけると励みになります!