木製ロッカーをDIY

DIYでつくった木製ロッカー
自分の部屋に、こんな感じの木製ロッカーを作り付けました。

ことの発端

それは、お恥ずかしながら、部屋の散らかりでした。

ステインやニス、ペンキ、黒板塗料…。
家のDIYとマルクのカスタムに使う塗料の数々と、エアダスターやシンナーやアクリルラッカーといったスプレー類が増えすぎて収拾つかなくなった今日この頃。

先日の取材撮影でも、このへんのごちゃつきがどうも気になって仕方なかったので、ハザイも余っていることだし、これらを収納する片開き・3段のロッカーを自作することに。


我が家のハザイ一掃プロジェクトスタート。

木製ロッカーをDIY


物置を漁っていたら、なんかよさげな大きさのベニヤが2枚。。。
本棚の隙間に、こんなふうに設置しますかな。
 イメージが固まったところで、いきなり作業開始。
家にあったハザイの中から使えそうなものを探し出し、例のベニヤに組み付け、本棚の隙間にジャストサイズの箱にしていきます。
どーん。

さすがにハザイだけだと足りないので、軽量のファルカタ材を2枚ほど購入。
これで扉を作ります。
 スパッと切って繋げてちょうど良い大きさに。
ボンドで固定。
DIYでつくった木製ロッカーの扉部分
そしてウラから補強します。


百均の蝶番で扉を箱に固定し…
ここでも、食器棚の形見の取っ手を使います。

ちなみに扉は勝手に開かないよう、磁石と鉄の金具でキャッチを作りました。
 
オリーブのステインで塗装。

乾いたところで設置です。

床から浮かせて下には工具箱が入るよう、L字の棚受けを駆使します。

木製ロッカーの完成


DIYでつくった木製ロッカーの収納量
上段にはブルーシートとクランプ各種と新聞紙、中段にはスプレー缶が10数本、下段には各種塗料の容器が20個くらい入っています。

これでDIY道具にインテリアを乱されなくてすむぞー。
かくして、インテリアに溶け込む、大容量の収納ができあがりました。

(夫)


お読みいただきありがとうございます。
下のボタンより応援いただけると励みになります!