40歳のヌバックシューズ

DSCF4130
早いもので、君がぼくのもとにきてもう20年くらいになるね。

その前は、親父の足に20年。もう40歳か。すごいなぁ。


譲り受けて以来、一番のお気に入り。

10代の頃からほぼ毎週履いていた。

そのぶん定期的にブラッシングして、

靴底はもうかれこれ3回は変えている。

DSCF4142
大事に履いてるつもりでも、さすがに小傷はちょこちょこ。
満員電車で、踏まれてしまうこともしばしばだものね。

踵の革が破けてしまって、駆け込んだ駅ナカのリペアサービスに修理を断られたこともあったなぁ。

どうしても捨てられなくて、セメダインとガチャベルトで自分で修理した。

DSCF4227
家の近くに良い靴職人の店ができたので、

リペア&クリーニングに出すと、職人さんにびっくりされたよね。

「40年モノですか!? 綺麗に履いていますね」って。

嬉しかったなぁ。


先日実家に履いていったら、親父に

「まだ履いてんのか!」とあきれ半分に言われたね。
嬉しかったなぁ。

DSCF4229
自分で修理をした上に、職人さんのステッチが走る。


ヌバック君。

君は、ぼくのことをなんでも知っている。


楽しかったことも、恥ずかしいような青春も、

挫折も、奥さんとの出会いと結婚、我が子が生まれてきたときのことも。

1人の男に家族ができていくのを見ていたわけだ。

DSCF4145

親父の足にいた頃も含めたら、ぼくが今のKJくらいのことも知っている。

もしかしたら、ぼくが生まれてくる前のことや、独身時代の親父のことも。


父子二代にわたってコモリ家ができるのを、地面すれすれの位置から見ていたわけか。

そう考えるとすごいな君は。

我が家のアカシックレコードみたいだ。

DSCF4161
40年間切れなかった君の靴紐のように、ぼくらは固い絆で、結ばれている。
…なんちゃって。

ここまできたら、息子に受け継いでほしいなぁ。
いつかぼくが大好きな君のかたちと履き心地をKJに引き渡すのは、
あと15年くらい先になるかな。

それまで靴箱に閉じこもるのも体に悪いだろうから、ますます大切に、毎週履き続けるよ。
これからもずっとよろしくね。


お読みいただきありがとうございます。
下のボタンより応援いただけると励みになります!